生け花のように挿される乙女

百合は着物姿で、週に一度のお楽しみの時間である生け花教室で、格好良い光陽先生の指導を受けていた。

的確なアドバイスを受けている間も、彼女は熱い視線を先生に送り続けている。

百合は。目の前で彼に触れられている花や蕾のように、自身もいじられてみたいと危険な妄想を繰り返していた。

恍惚の表情で絶賛妄想中の彼女を心配して、光陽先生は超接近して話しかけてくる。

挿される乙女濡れる蕾(

焦った百合は、激しく水をこぼして、太もも辺りをびしょ濡れにするが、これが逆にラッキーで、ちょっと敏感な箇所を吹いて貰える展開になった。

すると、先生は、授業の後で隣の座敷へ来るようにと指示。

いきなりのお呼び出しに激しく動揺する百合は、またもや自身の花を色んな意味で挿されるという妄想をする、危ない感じの恋する乙女モードに突入。

そうこうしているうちに生け花教室が終わり、約束の時は迫る・・・

イケメン先生と妄想でハァハァしていたらホントになった

何となくえっちぃ感じだけは伝わってくる挿される乙女濡れる蕾という作品ですが、中身を読んでみると、意外と笑いもあったりして面白かったです。

基本は生け花教室に通う百合という主人公と、その先生である光陽の絡みですが、ちょっと妄想分とギャグ分が多めとなっているのが賛否両論になりそうですね。

個人的には、百合の暴走が面白いと思いますがw

優しくて、さらにイケメンな先生が、常に近くにいて指導されたら、多くの女性が好意を持つのは当然ですね。

サンプル画像の確認はこちら

下の絵をタップしてください

挿される乙女濡れる蕾(

ちなみに若干、へんた●が入っている百合さんは、生け花教室の最中、ひたすら危ない妄想をしまくっていて、まともに先生の言う事が聞こえていない状態です。

そんな彼女が、何かを勘違いして、新しいパンツとかゴム的なものとかを購入しちゃった事を光陽先生に見られちゃったから面白い事になっちゃいます。

このイケメン先生が暴走して、違う花を挿しまくっちゃう所は激熱ですよ。

後、笑えるラストにも注目ですね。